赤ちゃんの健やかな成長を願う儀式・「お宮参り」ってどんなもの?

子供が生まれるといろいろな行事を経験することになりますが、お宮参りは赤ちゃんがこの世に誕生し、無事に最初の1カ月を過ごせたことを産土神(うぶすながみ)様に報告して感謝をささげる重要な儀式です。ぜひ、パパとママ、双方のご両親にも来ていただいて皆で赤ちゃんの健康を祈りましょう。ここでは、お宮参りの意味をもっと深いものにするための基礎知識をご紹介します。

お宮参りの由来

意外なことですが、昔の日本では「お産は穢れたもの」と考えられており、お宮参りには母親の穢れが落ちたことと、子供が無事に氏子の仲間入りを果たしたことの2つを報告するという意味がありました。そのため、かつては「忌明けの祝い」と呼ばれていた時代もあったのです。(一般的には産土詣という名称)

今日のように「お宮参り」という言葉が使われるようになったのは室町時代。その後、江戸時代になると、お宮参りの帰りにお世話になっている方のお宅へ挨拶に伺う風習が武家社会で起こり、次第に庶民の間にも広まっていきました。

産土神様とは?

産土神様は、その土地を守っているありがたい神様です。土=砂を表しており、一度この神様にお参りした者は、その後、どの土地へ移ろうと関係なく守護していただけると言われています。

生まれたばかりの赤ちゃんの可能性は、まさに無限大。生まれ育った土地でずっと暮らしていく人もいれば、どこか遠くへ移り住んで自分の道を探す人もいます。どこへ行っても産土神様が守ってくださっていると思うと、なんだか勇気が湧いてきますよね。ぜひ、写真を見ながらこのことを話して聞かせてあげてください。

お宮参りで夫側の祖母が赤ちゃんを抱っこする理由

正式なお宮参りでは、産着を着せた赤ちゃんを夫側の祖母が抱くことと決まっています。これには産後間もない母親の体を気遣うためと、お産で穢れた体で赤ちゃんを抱っこさせないためという2つの意味がありますが、現在ではあまりこうした風習にこだわらない人が増えているようです。

お宮参りの正式な日取り

お宮参りの正式な日取りは、男の子なら生後31日目、女の子なら生後32日目が良いとされています。しかし、地域によって決められた日取りは変わってくるし、天候や赤ちゃんの体調によってはその日にお参りできないことも考えられるので、あまり細かいことにはこだわらず、天気が良くて暖かく、赤ちゃんの機嫌が良い時を選ぶと良いでしょう。もちろん、お母さんの体調が戻っているかどうかも重要です。 ちなみに、お宮参りは神道の思想に基づいて行われるものなので、大安や仏滅などといった六曜を気にかける必要はありません。

お宮参りの正式なマナー

近頃では、赤ちゃんに産着を着せて近所にある神社へ連れていき、そこで簡単にお参りをして、記念写真を撮って帰る……というスタイルも増えつつあります。しかし、赤ちゃんにとっては一生に一度のお宮参り。どうせやるなら正式に、というのであれば神主さんにお願いして祝詞をあげてもらうと良いでしょう。この場合は、事前の予約と5,000~10,000円程度の玉串料(または初穂料)が必要となります。

参拝の前には、境内の手水舎(ちょうずや)で柄杓を使って口と手を清めます。左手→右手の順に水をかけ、最後に左のてのひらで水を受けたもので口をすすぎましょう。再び左手を清めたら、柄杓の柄の部分を水で洗ってから元に戻します。

神前に進んだら、お賽銭をあげて鈴を鳴らします。これにはお祓いの意味があるので、忘れずに鳴らしておきましょう。次に2礼をし、2回手を打って1礼をしたら終了です。忘れそうな時は「2-2-1」と覚えておくと良いですよ。

スタジオで記念写真を撮るタイミング

スタジオでの記念撮影を予約する場合は、神社でのご祈祷の時間よりも後にしてもらいましょう。お参りが無事に済んだら、その足でスタジオへ向かうという流れですね。ただ、あまり時間がかかると赤ちゃんの機嫌が悪くなることも考えられるので、カメラマンに神社へ同行してもらい、その場で記念撮影をしてもらうという方法もあります。

親族を招待する場合は、会食の用意も必要

祖父母や親戚など、夫婦以外の人にも来てもらう場合は、お礼の意味を込めて会食を用意しましょう。記念撮影まですべてが終了した後で料理屋さんにご案内して、お酒や料理をふるまうのです。

もちろん、自宅に招待して手料理を作ったり、出前を頼んだりしてもかまいません。大切なのは、わざわざ赤ちゃんの幸せを願うために来ていただけたことに心から感謝すること。そうした大人たちの温かい気持ちが、きっと主役である赤ちゃんを幸せにします。

お宮参りは、それまで無事に育ってくれた赤ちゃんを土地の神様にお披露目し、認めていただくための重要な儀式です。いろいろと準備することも多くて大変ですが、できるだけお参りするようにしましょう。 一応、正式なやり方は決められていますが、いつ、どのような方法で行うのかは自分たちの都合に合わせてもかまいません。外で過ごすことがつらい季節は避け、赤ちゃんが機嫌よく過ごせる時期を選びましょう。お母さんの体調が戻っていない時は、無理をせず回復するまで待つことも大切です。

お宮参りに関する疑問に答えます! 意外と知らないマナーやしきたりについて

赤ちゃんがこの世に生まれてから約1カ月後に、土地の神様=産土神(うぶすながみ)様にお参りして感謝をささげ、氏子として認めてもらう儀式が「お宮参り」です。一度産土神様にお参りした子供は、たとえその地を離れたとしても一生守ってもらえると言われているので、赤ちゃんの健やかな成長のためにもぜひ行っておきたいですね。お宮参りに関するさまざまな疑問にお答えします。

Q1:お宮参りの日取りはどうやって決めれば良い?

基本的には、男の子なら生後31日目、女の子なら生後32日目が良いとされています。しかし、産後1カ月ではまだママの体調が戻っていない場合もあるし、季節によっては赤ちゃんが風邪をひいてしまう可能性があるので、それぞれの家庭で都合の良い時にお参りしましょう。

また、お宮参りは神道の考え方にのっとって行うものなので、結婚式やお葬式のように大安や仏滅などの六曜を気にする必要はありません。

Q2:赤ちゃんにはどんなものを着せれば良いの?

お宮参りの日は、赤ちゃんに「祝い着」と呼ばれる着物やワンピースなどを着せましょう。男の子は兜や鷹、女の子は御所車や手鞠などの柄を選ぶのが一般的。端午の節句やひな祭りにも共通する柄ですね。予算や収納の都合を考えて、貸衣装屋さんや写真スタジオでレンタルするという方法もあります。 パパやママ・祖父母の服装は、スーツやワンピース、着物などの正装で。赤ちゃんのテイストに合わせ、和装なら和装、洋装なら洋装にするのがマナーです。

洋装時の参考:授乳中ってバレにくい!おしゃれで使いやすいプチプラ授乳服

Q3:御祈祷は必ずしてもらわなければならないの?

御祈祷は、親が必要ないと判断すれば別にしなくてもかまいません。お賽銭を上げ、お参りをするだけでも十分でしょう。しかし、赤ちゃんにとっては一生に一度のお宮参りなので、できればしておいてあげると良い思い出になるし、なんとなく心強いですよね。

御祈祷をお願いする場合は、遅くとも1カ月前には神社に予約を入れましょう。当日は約束の時間の10分前には到着するようにし、玉串料(もしくは初穂料)5,000~10,000円を払って御祈祷を受けます。 ただし、毎日たくさんの人が訪れるような神社なら、予約は必要なく、当日の受付だけで済む場合もあります。いずれにしろ、事前に神社へ問い合わせる必要がありますね。その際、ついでに玉串料の金額も聞いておきましょう。

Q4:お参りする神社はどこでも良いの?

産土神様はその土地の神様なので、本来であれば自宅から一番近い神社にお参りするのが理想です。しかし、近頃では有名な神社や写真を撮るスタジオの近くの神社を選ぶ人も増えています。大切なのは「赤ちゃんの健やかな成長を願う」という気持ちなので、それほど家の近くにこだわる必要はありません。

Q5:神社での参拝の仕方は?

神社へ入る時は、最初に手水舎(ちょうずや)で手と口を洗って身を清めましょう。柄杓を持ってまず左手を洗い、同様に右手も洗って、最後に左手に受けた水で口をすすぎます。再び左手を洗い、柄の部分を水で洗い流してから縦向きに柄杓を戻しましょう。

参拝をする時は、賽銭箱にお賽銭を入れ、鈴を鳴らしてから行います。まず神前に向かって2回おじぎをし、次に肩幅ぐらいに両手を開いて2回柏手を打ちましょう。最後に再び1回おじぎをしたら終了です。

ちなみに、鈴を鳴らすのには穢れを払う、神様に自分が来たことを知らせるという意味があるので、忘れずに行ってください。

Q6:お宮参りには、双方の祖父母を招待するべき?

昔の日本では、産後間もない母親の体は穢れていると考えられていました。そのため夫側の祖父母を招待し、赤ちゃんは姑である祖母が抱くことになっていたのです。 しかし、現在では夫側・妻側のどちらか、もしくは両方を招待してもかまわないし、パパとママと赤ちゃんだけでお宮参りを行う家庭も増えています。もちろん、赤ちゃんを抱っこするのはママでも大丈夫ですよ。

Q7:お宮参りの後の会食はどのようにすれば良い?

赤ちゃんの節目の儀式なので、お宮参りに招待した人たちを招待してちょっとかしこまったお店で食事を取る人が多いです。しかし、必ず会食をしなくてはいけないというわけではなく、赤ちゃんやママの体調に配慮してお宮参りだけで済ませてしまってもかまわないのです。

会食をする場合は、移動の手間を考えて、お参りする神社や写真を撮るスタジオの近くのお店を予約すると良いでしょう。もちろん、自宅で賑やかに食卓を囲んだり、出前を取ったりしてもかまいません。

Q8:お宮参りで着せた着物は、七五三の時にも使って良い?

裾や袖などを直せば着られるのであれば、同じ着物を七五三で使っても大丈夫です。ただ、男の子の場合は仕立て直しに加えて新しく羽織や袴も用意する必要があります。

お宮参りに関してよく挙げられる質問について回答してみました。近頃では昔ほどしきたりにこだわらなくなっているので、基本的にはそれぞれの家庭に合った方法で行えば大丈夫です! ただし、産土神様に敬意を払うためにも、神社での参拝方法や、御祈祷してもらう際のマナー、服装のルールなどはきちんと守りましょう。

服装について