「氏神様」ってどんな神様?お宮参りのために知っておきたいこと

氏神様とは

全国各地にある神社は、おおまかに、皇祖・天照大御神をお祀りしている伊勢神宮、そしてその他を氏神神社と崇敬神社のふたつとに分けられます。そのうち、お宮参りのときに参拝するのは、主に氏神神社となります。

氏神神社で祀られている氏神とは、それぞれの地域を守る土着の神様のことです。もともとは、その名の通り氏姓が同じ一族、つまり祖先が同じである血縁集団がそれぞれに祀っている神様を指してそう呼んでいました。祀られている神様が氏神、祀っている一族のことを氏子といいます。 平安時代以降に荘園制が導入されてからは、貴族や武士、寺院の私的領地が確立し氏族社会が崩壊するのに合わせ、氏神信仰も一度衰退してしまいます。それに代わり、荘園の主たちは各々の土地を鎮護する目的で、土地の守護神を祀るようになります。この神様を鎮守といいます。 室町時代、荘園制がなくなるとともに、鎮守の神様もそれぞれの土地の氏神に合祀されることになります。今現在の氏神様は、旧来の氏神様と鎮守の神様を合わせたものなのです。

土地の神様として、他には「産土神」という神様もいます。産土神は、その者が生まれた土地の神様とされ、その者を一生守護してくれるといわれています。昔はほとんどの人が生まれた土地で一生を過ごすことが多かったため、氏神様・鎮守の神様と産土神はほぼ同一視されていました。現在は転居なども多いですし、両親の生まれた土地とこどもの生まれた土地が違うことも珍しくはないので、産土神と氏神様が異なる場合も多くあります。

氏神様とお宮参り

お宮参りは、以前はいろいろな決まりのあるなかなか大変な行事でしたが、今現在は引越しの挨拶のようなものとして、気軽に捉えられています。新しい家族が生まれたことを氏神様にご報告に行く、というイメージです。 元々は、新しく生まれた家族であるこども、つまり新入りの氏子を氏神様に紹介し、祝福していただくための儀式でした。また、母親にとっては、お産の忌明けの意味もあります。昔は、出産というのはけがれたものと考えられていたからです。父方の祖母が赤ちゃんを抱いて連れて行くのが一般的だったのも、お宮参りをするまでのお母さんはまだ忌明けが済んでおらず、けがれを祓えていないからというのがその理由です。もちろん今ではそんなことはありませんから、主にこどものための行事となっています。 忌明けが済んでいないというのは表向きの理由であり、産後の母親を気遣うためのしきたりであるとも考えられます。ですから、現代のお宮参りでは父方のおばあさんにこだわらずとも、母方のおばあさん、もしくはお父さんなど、他の家族の方が抱いてもかまわないでしょう。

お宮参りに行く時期としては、赤ちゃんが生まれてから一カ月前後というのがもともとのしきたりです。男の子であれば生後31日めか32日め、女の子であれば生後32日めか33日めとされています。また、百日参りといい、生後100日めにお参りをする地域もあるそうです。 しかし、さまざまな理由によって、生まれて一カ月ほどで多少大掛かりな外出をするというのは困難な場合もあるでしょう。赤ちゃんの生まれた時期によっては外出しさまざまな用事をこなすのがむずかしい季節もあります。夏場であれば暑さで体調を崩しかねませんし、逆に寒くなる冬でもそれは同様です。くわえて雪の降るような土地柄であれば、足元も悪くなります。その他にも、赤ちゃんの体調、そして出産という大仕事を終えたばかりのお母さんの体調なども考慮しなければいけません。古くからの決まりに縛られすぎず、赤ちゃんとお母さん、また他の家族や親戚のみなさんの都合の良い日に訪ねればそれでよいのです。

また服装についても、本格的にするなら男の子は羽二重の紋付で、鷹や鶴などおめでたい図柄の熨斗目模様のもの、女の子ならちりめんや友禅模様の祝い着などがよいでしょう。赤ちゃんにこのような祝い着を着せた場合、付き添うおばあさんやお母さんも、赤ちゃんに合わせて紋付の礼装を身につけるのが一般的です。 しかし、そのような衣装を一式用意するのは大変なことです。現在では、貸し衣装を利用したり、ベビードレスにケープをかけるなど、もっと簡単な服装で行く場合のほうが多いでしょう。付き添う家族も、男性であればスーツ、女性ならフォーマルなワンピースや着物など、赤ちゃんの服装とバランスのとれたものを身につければ大丈夫です。

氏神様の調べ方

それでは、お宮参りに行くべき自分たちの氏神様が祀られているのがどこの神社かわからないときにはどのようにして調べればよいのでしょうか? 氏神様が祀られているのは、大抵の場合その地域で祀られている地元に馴染みの深い神社です。近所でお祭りやその他の行事を主催しているような神社があれば、おそらくそこが氏神神社でしょう。そういった心当たりがあれば、たとえば町内会の役員の方など、地域の事情に詳しい人に聞くのもひとつの手です。

しかし最近では、近所の方とあまり面識もなく、町内会など地元の方々との活動に参加することもないという人も多いと思います。そのような場合には、インターネットで検索してみるのもよいでしょう。地域によりますが、周辺神社の情報がまとめられているサイトがヒットすることもあります。 それでもわからないときには、神社庁に直接問い合わせるのがいちばん確実な方法です。

神社庁というのは神社本庁の地方機関で、各都道府県に置かれています。自分の住んでいる都道府県の神社庁に問い合わせれば、どの神社が氏神様の祀られるものか教えてくれます。 赤ちゃんの健康を神様に願う大切な行事ですから、しっかり調べていきましょう。