どう撮る?お宮参りの記念写真

お宮参りとは?

お宮参りとは、氏神様に赤ちゃんが生まれたことを報告しにいく行事のことです。 ではその氏神様とはどんな神様なのかというと、その土地で信仰され祀られている神様のことです。もともとは同じ氏姓を持つ一族、つまり血縁のある親戚筋がそれぞれに祀っていたために、祀られている神様のことは「氏神」、祀っている人々は「氏子」と呼ばれます。 氏神様は、平安以降の荘園制の時代にそれぞれの荘園で祀られていた鎮守の神様と合祀されているほか、産土神という土地の神様とも同一視されることもありました。鎮守の神様はその土地一帯を鎮護する神様、産土神は自身の守る土地で生まれた者を一生守護してくれる神様だといわれています。

昔は一族のほとんどが生まれた土地で一生を過ごすことが普通でしたから、氏神様と鎮守の神様、そして産土神はほとんど同じもの、重なるものとして捉えられていました。今では地元からの引越しなども多いですし、生まれ故郷を離れて家族を持つ人も少なくありません。そうなると親とこどもの生まれた土地が違うことになります。そういった意味では現在では氏神様と産土神は少しその意味合いが異なりますが、似たような神様であることには違いありません。

その地域の氏神様を祀っている神社のことを「氏神神社」といいます。その他にも崇敬神社という神社も各地にありますが、お宮参りに行くのはそれぞれの氏神神社がよいとされています。地元の神様であればそれほど遠出にもなりませんし、赤ちゃんやお母さんのからだを配慮しても、やはり氏神神社へお参りするのがよいでしょう。

もともとのお宮参りには、赤ちゃんを新しい家族、そして新しい氏子として紹介し、祝福を受けるというものでした。また、お母さんにとってはお産の忌明けという意味もあります。昔はお産はけがれた行為と考えられていたため、氏神様にそのけがれを祓ってもらうことも目的のひとつだったのです。もちろん現在ではそのような考え方はありませんから、純粋に赤ちゃんのための行事としてとらえられています。住んでいる場所を守ってくれている神様に、赤ちゃんが無事生まれたことを感謝し、健やかな成長を願うために、お宮参りは行われるのです。

お宮参りの記念写真

お宮参りのときにも、七五三などと同様に記念の写真を撮ることが多いです。 お宮参りの当日に撮影することが一般的でしょう。お宮参りは、生後およそ一カ月ほどの時期に行くこととされています。より正確にいうと男女で異なり、男の子は生後31日めか32日め、女の子では32日めか33日めと決められています。写真館での撮影を予定している場合は、赤ちゃんが生まれてから一ヶ月を目安に写真館を予約しておくといいでしょう。もちろん自分たちで撮るのでもかまいません。

また、赤ちゃんが機嫌よく、スムーズに撮影させてくれるとも限りません。あらかじめ余裕を持ったスケジュールにしておいて、当日赤ちゃんがむずかるせいで時間が足りなくなった、ということにならないようにしましょう。 お宮参りと撮影を同じ日にこなすのはなかなかハードスケジュールになりますから、それぞれ別の日に時間を取るのもひとつの方法です。お参りを先に済ませて後日写真撮影というのでもよいですし、逆に写真を先に撮ってからお参りに行く、という順序でもかまいません。生まれてから一カ月にあたる時期が夏や冬のさなかである場合には小さな赤ちゃんを連れての長時間の外出も大変ですので、先に写真撮影だけしておいて過ごしやすい気候になってから神社にお参りに行く、という方も多くいらっしゃいます。さまざまな方法がありますから、ご家族みなさんでお祝いできる日を選ぶとよいでしょう。ただ、お日柄の良い日には写真館の予約も集中しますから、なるべく早めに予定をたてて予約をするようにしましょう。

お宮参りの服装は?

本格的なものでしたら、男の子なら羽二重の紋付に、勇壮さをあらわすものやおめでたい図柄が用いられた熨斗目模様のものが一般的です。女の子の場合は、友禅模様やおめでたい絵柄があしらわれている祝い着。地域によっては、赤ちゃんを抱いている人のうしろで紐を結び、その紐にお守りをつけることもあるそうです。 もし赤ちゃんにこのような祝い着を着せるのであれば、おばあさんやお母さんも赤ちゃんに合わせて、紋付の礼装で参拝するのが普通です。

このような本格的な衣装を用意するのは大変ですから、最近では貸し衣装を利用したり、ベビードレスを着せることが多いです。 ベビードレスは、他の少し改まった場でも活用できるのが便利です。着物と違い着脱も簡単ですから、お宮参り当日に授乳をしたりおむつを替えたりといったことも手軽に行えます。お母さんも楽ですし、赤ちゃんにかかる負担も減るのです。実用的で手がかからない分、着物より楽にお参りできるはずです。 貸し衣装を利用する場合、写真館でレンタルしているものを使えばよりスムーズに写真撮影を行えるでしょう。たくさんの種類のなかから選べますし、クリーニングなどの手間もかかりません。お参りと撮影が終わったらそのまま返却すればよいので、気軽にかわいい着物を着せてあげることができます。 ご家族も赤ちゃんに合わせて、お父さんはスーツ、お母さんはワンピース、着物など、少しフォーマルな服装であればよいでしょう。また、家族写真ではお母さんやおばあさんなど、誰かが赤ちゃんを抱っこした状態で写真を撮ることになります。赤ちゃんを抱いて写真に写る人は、赤ちゃんの着物と服の色がかぶらないようにするのも大切です。

お宮参りは、赤ちゃんの健康と健やかな成長を神様に願う意味深い行事です。人生に一度きりのことですから、少しでもいい写真を残せるよういろいろなことに気を配りたいですね。

関連記事

お宮参りの赤ちゃんの服、どんなものを着せてあげれば良い?
お宮参りにふさわしいママの服装とは?
お宮参りにふさわしいパパの服装とは?