お宮参りの赤ちゃんの服、どんなものを着せてあげれば良い?

赤ちゃんが生まれてから約1カ月後に産土神(うぶすながみ)様にお参りして、それまで無事に過ごせたことに対する感謝をささげ、氏子として認めていただく儀式が「お宮参り」です。多くの赤ちゃんにとっては初めてのお出掛けとなるので、思いっきりおしゃれさせてあげたいですよね。 ここでは、赤ちゃんの服装に関する注意点や、上手な選び方などについて説明します。ぜひ、参考にしてみてください。

正式な祝い着

近頃では、あまり古い慣習にとらわれず、それぞれの家庭のスタイルでお宮参りをする人が増えています。しかし、お宮参りは赤ちゃんにとって一生に一度きりの行事。「どうせやるなら、きちんと正式なマナーで」という場合は、祝い着も着物にしましょう。

女の子なら芍薬や牡丹、桜などの花模様、もしくは御所車や花車などの柄が人気。男の子の場合は、兜、鷹、龍などの力強いものがよく使われています。また、男女に共通するおめでたい柄としては、宝船や宝包などが人気です。

祝い着を着せる時は、まず赤ちゃんに肌着を着せ、その上から白羽二重の内着を着せます。さらにその上から「掛け着」と呼ばれる晴れ着をかぶせたら、掛け着に付いている紐を赤ちゃんを抱っこする人の背中へ回してちょうちょ結びにすれば完成です。

略式の祝い着

「着物は大変だからちょっと……」という場合は、ベビードレスなど「略式の祝い着」でもかまいません。お宮参りでは参加者全員の服装を合わせるのがマナーなので、パパやママ、祖父母もスーツやワンピースにしましょう。

ベビードレスの色は、男女とも白やベージュが基本。病院を退院する際に着せたものがあれば、もちろんそれを使ってもかまいません。お揃いの帽子やケープも着せてあげると、かわいらしいし、体温調節にも役立ちますよ!

少しでもお金を節約したい……そんな時は?

お宮参り以外にも使えるパパやママのスーツとは違い、着物やベビードレスといった赤ちゃんの祝い着は、そう何度も使えるものではありません。記念に取っておくというのでなければ、レンタルを利用すると費用を節約することができますよ。

レンタルは貸衣装屋さんやネットにお店を出している業者でもできますが、おすすめは写真スタジオ。衣装を借りてお宮参りを済ませた後は、記念撮影をしてその場で衣装を返却することができます。アルバムを作るお客さんは衣装のレンタル代が割引きや無料になるところも多いので、賢く利用してお金を節約しましょう。

安く購入したいなら、リサイクルショップがおすすめ!

「お金は節約したいけど、記念に衣装をとっておきたい」という場合は、リサイクルショップで購入するのがおすすめです。こうしたセレモニー用の衣装は1回や2回ぐらいしか使わないので、新品同様のものを格安で手に入れることができます。

また、知り合いにお宮参りを済ませた人がいれば、お願いして1日だけ貸してもらうのも良いでしょう。ただし、この場合は汚さないかどうかがとても気になるし、クリーニング代は必ず負担しなくてはなりません。相手によってはいくらかの謝礼も必要となるので、「思っていたほど節約できなかった」ということになるかもしれませんね。

赤ちゃんの体温調節はどうする?

お宮参りをする季節によっては、暑すぎたり、寒すぎたりして赤ちゃんが体調を崩してしまうケースも考えられます。生後1カ月目という概念にとらわれず、時期をずらして気持ちよくお出掛けできる季節を選びましょう。

それでも、当日の気温が低かったり、意外と暑かったりすることもあります。そんな時は、赤ちゃんに着せる下着の数で体温を調節しましょう。暑そうな時は下着は短肌着だけ、逆に寒そうならそこに長肌着も組み合わせてあげると良いですね。 さらに、帽子やケープ、靴下などの素材にもこだわると快適さアップ! 寒い季節なら、ママが心を込めて編んだ手編みのニットなんかも素敵です。

使い終わった着物の祝い着、他に使い道はないの?

サイズに無理がなければ、着物の祝い着は仕立て直して七五三で使うことができます。袖の部分を丸めたり、身丈と桁丈に揚げをしたりすれば三歳児用の着物に変身! 自分で直すことが難しければ、仕立てを請け負ってくれる業者さんにお願いしても良いでしょう。(1万円前後の費用がかかります)

男の子の場合は、祝い着の仕立て直しに加えて新しく羽織や袴を用意する必要があります。女の子のようにただ祝い着を仕立て直すだけでは済まないので、安く購入できるフルセットがあれば、そちらのほうが安上がりかもしれませんね。 しかし、せっかくの思い出深い祝い着なので、そのまま眠らせておくのはもったいない! 仕立て直しはせず、肩や腰の部分を少し調節するだけでも良いので、使える方法はないか考えてみましょう。

その土地の神様に、赤ちゃんを氏子として認めてもらうための「お宮参り」。季節やその日の気温も考えて、赤ちゃんが快適に過ごせるものを用意してあげましょう。使った祝い着は七五三用の着物として再び利用できるので、それまで大切にとっておいてあげてくださいね。